水没してしまった場合

iPhoneが水の中に!水没時の知っておくべき対処方法とは

うっかりiPhoneを水没させてしまった、なんて経験がある方は多いでしょう。実は、スマートフォンが濡れてしまった時の対応で、復活率が大きく変わることを知っていましたか?ここでは、正しい処置方法を解説します。まず初めに、iPhoneの電源を切ります。濡れた電化製品はショートを起こす可能性があるので、自動ロック状態(スリープモード)ではなく、電源ボタン長押しで完全に切っておきます。次に、水分を拭き取ります。特にホームボタンやコード挿入部分はティッシュや綿棒で念入りに拭きましょう。また、カバーやアクセサリーは必ず外します。3つ目に、SIMカードを抜きます。濡れたSIMは、本体に悪影響を及ぼす可能性があります。SIMカードはiPhone側面のトレイ内にあり、押すと出てきます。最後に、本体を乾燥させます。そのまま置いておいても良いですが、密封袋や容器に乾燥材とともに入れておくとより効果的です。

iPhoneを水から守るには

水没したiPhoneは、当日は電源を付けずに置いておきます。翌日以降、電源がつかない、正常に動作しないなどの不具合が起きた場合、サポートセンターやショップ、近所の修理店などで相談しましょう。また、普段から水回りで仕事や家事をしている方、お風呂でスマートフォンを使用する方は、水没対策をしておいた方が良いかもしれません。最も手軽な方法は、完全防水カバーを付けることです。また、スマートフォンを防水化するためのコーティング剤も販売していますので、気になる方はチェックしてみてください。ちなみに、iPhoneは7以降、防水機能を備えているほか、2018年9月に発表されたXS・XSMaxでは、防水最高規格IP68(潜水・継続した水没から保護する)にまでなり、安心できる性能を保有しています。

iphoneの修理を川崎でするのなら駅近くが良いでしょう。人の集まりやすいところへ修理業者があるので利用すると便利です。